禁煙外来

禁煙外来とは?

■当クリニックでは健康保険で禁煙治療が受けられます

喫煙は様々な疾病の発症・進展のリスク要因です。喫煙との関係が疑われる病気には肺癌をはじめとする「癌」、狭心症・心筋梗塞などの「虚血性心疾患や動脈硬化疾患」、胃・十二指腸潰瘍などの「消化器疾患」、肺気腫・慢性気管支炎などの「呼吸器疾患」などがあげられます。

禁煙を実施することでこれらのリスクの抑制と疾病の治療にもつながります。

喫煙者の70%はニコチン依存症といわれ、適切な治療をしなければ喫煙習慣からの決別はとても困難です。

禁煙外来では問診と呼気中一酸化炭素濃度測定後、カウンセリングと約2~3ヶ月間の治療薬(ニコチン製剤の貼り薬またはニコチンを含まない飲み薬)の処方で禁煙を支援いたします。

健康保険を使った禁煙治療にかかる費用(自己負担分3割として)は、処方薬にもよりますが約3ヶ月で12,000~17,000円程度です。これは1週間あたりで換算すると、毎日20本喫煙した場合の約3~5日分のタバコ代に相当します。

健康保険で禁煙治療を受けるには

■健康保険で禁煙治療を受けるには、以下の要件を全て満たす必要があります。

  • ニコチン依存症に対するスクリーニングテストで、ニコチン依存症と診断。
  • 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上。
  • 直ちに禁煙を始めたいと思っている。
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意している。

ご注意

過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは自由診療となります。